プラントの施工管理ってどんな仕事?メリット・デメリットは?求人の探し方も知りたい


プラント施工管理の仕事内容

プラントの施工管理の仕事は、工場など規模の大きなプラントを建てる際にその管理をするのが主な内容です。大きい規模のプロジェクトのため施工管理の仕事は大変重要であり、建築業務を中心に設計・製造・テスト・試運転に至るまでかかわることになります。さらに、原価の把握から予算決定、計画がスムーズに進むための工程管理、安全管理なども業務に含みます。

メリットとデメリット

プラント施工管理のメリットは、まずは給与が高めと言う点が挙げられます。この仕事はプラント建設において重要な仕事で責任も重いため、その分給与が高くなるのは当然だと言えるでしょう。次に、コミュニケーションスキルが上がるという点もメリットのひとつです。仕事上、建築だけではなく電気や設備系のスタッフその他、さまざまな分野の人とコミュニケーションをとる必要があり、調整しながらまとめていくことが求められるためです。

一方のデメリットといえば、残業や休日出勤が多くなる点です。プラントの施工管理は工期を守ることが前提ですので、天候の関係で予定が遅れた分は残業や休日出勤などで補うケースも出てきます。また、さまざまな分野のスタッフの調整役でもあるため、人間関係のストレスは少なからずあるでしょう。

仕事の効率的探し方は

プラントでの施工管理の仕事を探すには、一般の求人サイトよりも転職エージェントなどを利用するのがおすすめです。エージェントサービスでは求人サイトには登録されていない良い条件の仕事を扱っていることもあり、満足できる転職先が見つかる可能性もあります。転職エージェントへの登録は費用がかかるということはまずありませんので、求人サイトなどで探すのと並行して、気軽に登録してみても良いでしょう。

国内だけにとどまらず、海外の案件が多いため、プラントの施工管理を仕事にする際には、英語のスキルを高めておく方がよいでしょう。